top of page

大丈夫?

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。





「お客さん、今日も決まってるねえ〜」とでも言ってそうな、運転手のAちゃん。


最初の乗客はKくんだけだったけれど、


1人、2人と増えていくと・・・・




あっという間に満員。


行き先は、「トーマスランド」




運転手仕事して〜と思ったら、自動運転なのだとか!!笑


もうここまで浸透しているんです、自動運転。


こうやって自然とみんなが集まって遊んでいる光景っていい。


「なにしてるの?」「楽しそう」「僕もやりたい」


みんなの視野が外に向いている証拠だね。




今日は朝からこんな急斜面に挑戦。



わずかな土の引っかかりや、草木を瞬時に探して、どうやったら進めるかを考える。


頭も体も使わないと登れない。


見ている方もドキドキだが、登っている方ももっとドキドキだろう。



体も大きく、使い方も上手いSくんとGくんはあっという間に上の方へ言ってしまった。




2人について行きたいDくんだけれど、


どうしても滑ってしまう。


よく見ると、足もガクガク震えている。


「怖いよ。」「待って。」


行きたいけど進めない。




そんな姿を見たSくんは、


「今行くからそこにいて。大丈夫だよ。」


と戻るのも大変な道を迷わず降りる。



ただ駆け寄るのではなく、


Sくんの手を見ると、何やら土を掘っている。


「ここに足かけて。」と、Dくんのために足場をつくっているではないか。



この後、Dくんは「おりる」という選択をしたけれど、Sくんの力で一歩多く進めたに違いない。




Gくんは、後ろの方でズルっという音が聞こえるたびに、


「大丈夫??」


と振り向いてくれていた。



そんな2人の力もあって、


Yくんもどんどん進んでいたね。





こちらでは、Aちゃんが転んでしまって泣いていた。


すると、離れたところで遊んでいたKくんが、


「大丈夫〜??」と心配そうに駆け寄ってきた。



言われる側だった子が、言う側になっていく。





誰でも、「大丈夫?」って言われると、嬉しいし安心する。


その言葉があれば、一歩踏み出せるし、


この人の近くにいたいって思う。




そんな循環があるから、


こまめっ子たちは、何でも挑戦できて、みんなでひとつになれるのかもしれないね。




今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page