検索

意識して

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


「パッカブル」ということばが


どうしても


「バカップル」に見えてしまいます。

きゃー 落ちてる 落ちてる


ムフフのフ。

今朝 来たときに この光景を見て


大興奮。


子どもっちと 採ろう!と思いつつも


ひとつ またひとつと


手が出てしまう(笑)。

今朝いちばんにきた


Kくんも 夢中になって採り始める。

母も くるみの なり方


初めて知ったようで 大興奮(笑)。


これ 楽しいよね


拾っちゃうよね


むいちゃうよね😊。

さぁ ずんずんの帽子を被って(似合うな!)


今日は 5人で


ごゆるりと 行きましょうか。

お散歩の方に


とっても すてきな笹船をいただいた Iくん。

うれしさが 顔からあふれ出るね✨。

今日 2回目参加の Sくん。


水筒のふたを開けるのに あたふた💦。


そこにすかさず やってくるふたり。


「やってあげるよ!」


Iくんが 開けてあげると


「Kちゃんが やってあげたかったぁぁ!!」と


プンプンするKくん。


なんか そっちの怒りって いいな(笑)。

Mちゃんは 違った意味で


プンプン!


まだ 自分の居場所がつかめないようで


こころ落ち着かない状況なんだろうなぁ。

そのMちゃんが


「階段行きたい!」というので


みんなで 下りていくことに。


小さな身体で 一歩ずつ確実に 


階段を踏みしめてくる姿に


力強さを感じる。

経験値が上がるとね


こうやって カニを足にまとわりつかせて

(正確には まとわりつかれてw)


たはむれることも できるんだぜっ(笑)。

橋を見たら 橋を渡りたくなったIくん。


みんなに そちらを渡って行こう!


と 地道に 草の根運動(笑)。

5人の気持ちがひとつに。

4人は 速い。


本当に どんどん登っていく。


あのザックを背負ったままですよ!


感心するわー本当に。

ゆっくり来る Sくんを


待っててくれている 子どもたち😊。

そのSくんは


泣き言を一切言わず


四つん這いになって


登りきった。


大変だっただろう。


そのガッツって すばらしい力だなぁ。

広場に着くな否や


ひゃっほーヾ(*´∀`*)ノ。


5人みんなで ひとつのところにいる日も


なんだか めずらしくて


なんだか 新鮮✨。

おみ足が高く上がっております。


バレリーナのよう。


ロープに引っかかると


予期せぬ 効果がうまれますな(笑)。

がんばってるんだよね!


でも 芸人にしか見えないのは なんでだろう(笑)。

そんな 諸先輩方を見て


自分も 「やってみよう!」という気になったのか


何度も 真似して チャレンジしていたSくん。

よし!やってみよう!


この まなざし。


この 横顔。

そして ぐいぐいと 上って行った Tくん。


気持ちは


身体を 動かしていく。


つながってる


こころと からだ。

Iくんも そうだ。


この広場に来ても


まったく 見向きもせず


他のあそびでをして 過ごしていた。


今日は 違う。


軽いノリで 「あすこに 上ってみっか!?」


と誘うと にこにこ顔。


そのまま 5人で 始めから 上って遊び始めた。


さらに


ロープにつかまって 何秒おさるさんできるかな??


と 声をかけると


ノリノリで 挑戦!


お Sくんも じっと見てますな(笑)。


アニキの がんばり 見守っててくれよな!


一生懸命って かっこいいね✨。


「できない」「できなさそう」で


かっこ悪いとこを 見られたくなくて


ロープに 「あえて」直面しなかった Iくん。


でも 今日は そこへ 突っ込んだ。


やってみると??


意外に 楽しかったり


簡単だったり するんだよね。

なんちゅー ええ顔や!

でましたよ


ベンチの 歯っ欠けゲーム(笑)。


外れてしまう板を 寄せ集めて


「工事」したり 「積み木」したり。

その中でも


魅力的な板があり(あたしにはわからないが笑)


Mちゃんが いきなりIくんから 奪った。


もちろん Iくんは 奪い返しに行く。


そのとき ふたりは 無言。


ガルル ガルル


なのである。


動物である。


きみたちは もう話せる 人間ですよ。


思いださせるために


「どうしたら 貸してくれるかな。」


「どんな ことばが あると 友だちはわかるのかな。」


話しかけると


「貸して。」とか「ちょうだい。」とかだよ と。


わかってるじゃん(笑)。


でも 手が先にでちゃうよね。


わかる。


でも!!


それを いつまで やるんですかっ(笑)。


「意識」しよう!


きっと できる!


きみたちなら!

「それ かーしーて。」


「いいよー。」

「かーしーてー。」(もう手が出てるけどw)


「いいよっ!」


一旦 考えながらも


そこを 「意識」できた 子どもたち。


ことばを はさんだら


すんなり 貸してあげてるじゃん(笑)。


忘れちゃったら また 


「友だちのことを 考える」という


サポートをしていきたい。


貸してあげたくないのは


いきなり とられちゃうのが


嫌な気分だからなんだろな。


そこまで執着してないものでも


怒りで


貸したくなくなっちゃうんだろうな。


あたしも 自分が使ってたものを


いきなり とられたら


「あぁぁぁぁぁ!!??」


て 思うもん(品がなくてすんません💦)。


でも そのうち きっと


自然に 無意識に


「貸して。」「見せて。」


が 言えるよ


きみたちなら😊。

帰り際 コーラスの練習をするという


マダムたちに お会いした。


外での 歌声って いいよね!

パワフルなマダムたちに


若干 怯え(笑)


遠まきで 様子を見守る 子どもたち。


圧倒され 聴かせていただいたにも関わらず


無拍手(;^ω^)。

そして 最後は 花道で 送り出したいと言ってくださり


よくわからないまま


くぐっていく子どもたち(笑)。


パワーって すごい!


ビンビンくる!(笑)


すてきな歌声を 聴かせてくださり


ありがとうございました✨。

あっという間に じかんは過ぎ


あっという間に


山を 駆け下りていく 子どもたち。


小さくて


でも 


大きくなっていく


背中を 見るのが


あたしはいつも


楽しみで たまらない。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame