考える力

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。




輝いた表情をしたTくん。


ただの丸太も、Tくんの手にかかれば変幻自在だ。


まずは、椅子!

大小のものを使い分けて。



お次は家を建て始めた。


すると、人が集まってきて、


テーブルで本なんか読んじゃったり、



Sくんはパソコンカタカタしてみたり。


宅急便も届きます。笑



そうこうしているうちに、バーベキューごっこが始まった。


みるみる遊びが変わっていく様子が面白い!と思って見ていたけれど、実は、Tくんがものすごく考えて動いていたのです。



丸太並べや、材料調達を上手に周りを動かしてやってのけるTリーダー。


「STくん、あれ持ってきて!」


「STくんとKNくん、力持ちだなぁ。役に立ったなぁ。ありがとう!」


「君は役立たずやなぁ。ここに座っといて。」


的確な指示を出して頑張りを認める。笑


人生2周目でしょうか。


自分のやりたいことに上手に周りを巻き込むために、考えて遊ぶ。




今日は使いたい物がとことん被るお2人。


お互い主張し合って譲らない。


「かして。」「やだよ。」


そんな時、


Kくんが「待っててね。」と、考えて考えて、言葉を変えた。


Sさんも「わ、わかった。」と。


そしてひとしきり遊ぶと、待っててくれたSさんに渡したKNくん。





Sさんは、今日も元気で自由なみんなが、どうやったら1つになれるか考えてくれた。


「みんなー集まれ〜!」


「うーん、ここでこう言ってみたらいいかなー?」


行動した結果がうまく行こうが行かまいが、


この、「考える」という過程が大事!



友のために


自分のために


大事な妹のために


今、どうしたらよいか考える。



子どもたちは考える力をもっている。


そんな力を奪わぬように、見守り、言葉を掛け、時に一緒に考える。


そんなサポートをしていきたい。




今日のこまめ、楽しかったひとー??


「はーい!!」


今日も素敵な時間をありがとう。




※【こまめ説明会やりまーす!】→定員に達しました。ありがとうございました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

探索

学び方