検索

転んでも

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を 引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


この時期 ねむの花がきれいです。


ぼわーっと咲く花を見ていると ぼわーっとした感じになり


そのまま 天に召されそうなので 気をつけます。

「さーんかーくっ」


ちっちゃなお手てで つくる三角。


できる?と言わんばかりに


目を見つめて 話すIちゃん。


今朝も泣いた。


でも 顔つきが違っていた。


だって 心がわかってる。


行くんだ、って。


身体に力も入ってない。


表情も いつもと違ってやわらかい。

草や 花を たくさん摘んでは


両手いっぱいに にぎりしめる。


「ママに『はい、どうじょ。』ってするー。」


お迎えに来てくれる ママの顔を思い浮かべている。


けなげな姿に 心がふわっとする。

IHちゃんは 「あっち行くー!」と


泣きながら訴える。


あっち、とは ママと別れた方向。


今は何も目に入らないし 耳に入らない。


だから 泣きたいだけ 泣かせる。


とことんまで 浸っておくれ、


自分の素直な気持ちに😊。


でもね、Iちゃんも 朝は身体の力が抜けてたよ。


心の 奥底では知ってるんだよね、


今日は「こまめの日」だってね。


チャレンジの日だって。

Mちゃんも キャーキャーピーピー泣いていたが


ピークを過ぎると


かにや みみずが目に入ってきて


視野が広がり始めた。


はがて 先頭をきって歩き


「おいで、おいで~。」なんて言っている。


先に行くんだけど ちょっと行っては振り返り


あたしたちのことを 心配してくれている。

沢へつけば 二人して


何かに 集中している。


こういうときの後ろ姿って


何とも言えない。


話しかけてはいけない気配(笑)。

上がってきてからは みんな一生懸命に


着替えをする。


時間がかかっても


できたときには 自分で拍手しちゃうくらい


うれしいみたい!


がんばってやったなぁって


きっと 実感するんだと思う。

「はんぶんこっ!」


いっしょに 声を合わせて 着替えをたたむ。


「ママに 『はんぶんこしたー』って言うのー。」とIちゃん。


家族みんなに したことを 知らせたいんだね。

たまに ほろっと出ちゃう 涙。


Mちゃんが 「どうしたの?」と


近寄って 聞いてくれた。


すると 「ここ はいっちゃだめよ。」


と叱られて すごすごと 


自分の陣地に戻ってきた(笑)。


自分のシート=自分の陣地、領地


なんだね。


次は 友好関係結んで


隣国に 入国できるといいね(笑)。

着替えも終わったと思ったら


自分のシートをたたみだした二人。


あたしは 何も言っていない、


自分たちから動き始めた。


ひゃぁ、前回とは また違った動き。


進化してますなぁ😊。

帰るときに


Iちゃんのザックを しょいやすいように持ってあげたMちゃん。


友だちに してあげたい思いが いっぱい♡。


ありがとうね😊。

長いながーい 階段。


成長への 階段、とでも言おうか。


ここで たくさんのドラマが生まれる。


今日もIHちゃんが 何度も何度も転び


何度も何度も泣き


そして


何度も何度も


自分の力で 立ち上がった。


絵に描いたような


七転び八起。


人生もそうじゃんね、


転んだら 必ず起きあがるじゃんね みんな。


転びっぱなしじゃ ないで!


ってことを 見せつけてくれたぜー、IHちゃんよ!


ありがとー!!


みんな あたしの見本。


いつも ありがとっ♡





ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame