top of page

どうする?

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。




こんなにたくさんの草木が生い茂る山。



子どもたちと、山探検をして登っていた時にふと見下ろした景色だ。



子どもたちにとっては、自分の背より高い草がたくさん生えていて、恐怖を感じるかもしれない。



でも、今日のメンバーは登る!登る!



前回も探検に行ったYくん、今日は自信に満ちていて輝いている。




大きな木も時間をかけてまたいで乗り越えて、


斜面を登る。





途中、滑りそうになって「もう帰ろっかな」と言っていたDくんは、


「ここ持てば大丈夫かな」と、上手に手をかける場所を探しながら登り続けた。





先頭をいくGくんとTくんは、なんとこんな頂上まで行ってしまった!


ただひたすら上だけを見て登ってしまった。


全身を使って登る後ろ姿はみんなをやる気にさせていた





帰りは滑り台。


SMくんが、「よし、おしり滑りでいこう!!」と提案した。




こうして全身の身体の使い方をインプットしているんだね。



でも、山で学ぶことができるのはこれだけではない。


「怖さ」「迷い」「困惑」などたくさんの負の感情との出会った時。


そこに自分がぶつかった時


誰かがぶつかっていた時


どうするか。




今日は子どもたちの心もたくさん動いていた。




ちょっとした難所で待つ2人。


「みんな〜渡れる??」



そんな声をかけて後から来る仲間を気遣う。



Gくんは笹を手すりのようにすることを考えた。


「これ掴んで!」と。





進んできた道を、迷いなく戻るYくん。



向かった先には、困っていたWちゃんがいた。


助けに向かってくれたんだね。





Yくん、今度は自分が降りられなくなってしまった。


どうしよう・・・。




すると、STくんが草を避けながら、「Yくん、ここ通っていいよ。」と来てくれた。





Kちゃんは、Wちゃんをずっと気にかけてくれた。


「大丈夫?」


腰を落として、目線を合わせて尋ねる。



Wちゃんは「うん」と泣きながらもしっかり応える。


そして、自分で立ち上がって歩くという選択をした。






助ける方も、助けられる方も、


「どうしようかな」「どうしたらいいかな」


頭で考えて、心が動いて、体を動かす。



体を動かす、というより 


体が動く


といった方がいいのかな。



「気づいたら動いていた」


とでもいうような、自然な助け合いを見るたびに、心が洗われる。



今日もそんな優しさをたくさん見せてくれてありがとう。


0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page