検索

いつか

こんばんは。


「子どもたちの自信に繋がる一歩を


全力でサポートします!」


あおちゃんです✨




今日から 少しの間 人混みを避けて


プライベート空間となっている


かもしか小屋にて 活動をスタート。



今日は 20度を超える 暖かさ。


沢遊びも 涼しくて 気持ちがいいね♡



おそるおそる沢に入る Rくん。


でも 顔は とっても楽しそう!



Iちゃんは なんと!


おしりまで浸かってる(笑)



どろどろも 気持ちよさそーう☺




連日の暖かさに 道端には 


今日もたくさんの 花が咲いていた。



見る 楽しさもあれば 


その花を使って 遊ぶ楽しさもある。


「プゥー プゥー!」 


その音に 思わず笑いだす Tちゃん。



これは たんぽぽの茎を使った 


たんぽぽ笛♪


さっそくみんなも 挑戦してみることに。


まずは たんぽぽ探しから。



太い茎? それとも 細い茎?


短い? 長い?


どんな茎だと 音が出やすいかな~??


「プゥ~!プゥ~~!」



おっ! Rちゃんのたんぽぽ笛 聞こえたぁ✨



綿毛だって 楽しい遊び道具になる。


綿毛を飛ばすTちゃんに 興味津々のRMくん♡



先輩から やり方を見て 学ぶ。


綿毛さん、 遠くに飛んでいけ~~~😊





お散歩していると


突然ずんずん号が みんなの前にやってきた!


さっと 山側によけて 通りすぎるのを


待っている 子どもたち。



あれっ??でも・・・・


道の真ん中で止まっている 


お友達もいる。



山側ではなく 


後ろが崖になっている 


川側で よけている お友達もいる。



危ない場面に 遭遇してしまった


仲間たちに 何ができるだろうか、、、、。



すると 年長者の2人が


手をひいて 安全な場所まで 連れて行ってくれた。


これで 全員助かったね。


2人とも ありがとう😊



見ているだけでは 何も変わらない、


守ることが できない。


伝えることで 動くことで


仲間を 守ることができる。



「こんな風にね~ 足が入らないように


気を付けてね~。」



危ないと 思ったから 教えてくれたんだね。


仲間を想うからこその 行動。


ありがとう✨



岩の上も どんどん登っていくよー!!



竹林だって この通り スラスラ登っていく。



遊んでいると 小さなてんとう虫にも


出会えたね😊




RMくんと Tちゃんは 土いじりに夢中みたい♡






「Iがやる!」


「ずんずんと あおちゃんはやらない!」


力強い言葉で 気持ちを伝えてくれたIちゃん。


いつもなら 「やって!」とお願いする 


ザックのベルト外しを 今日は自分一人でやると。


かたくて なかなか外せない。



それでも Iちゃんは


「みんなにはやらない(お願いしない)!」


「ずんずんが 時間かけてもいいよ。って言ったから、


Iがやる!」と言って


何回も 一人で試みた Iちゃん。


しかし 結果外すことはできなかった。


でも Iちゃんは わたしに「やって。」と


お願いした後 こう伝えてくれた。


「今日はできなかったけどね、、 


明日はやる!」


未来へと繋がる言葉✨



確かに 今日は一人で できなかった。


でも 諦めなかったら


明日には できるかもしれない。


明日できなくても


あさってには できるかもしれない。



もちろん 結果も大事だよね。


でも まず自分一人の力で やろうとしたこと


そして できないから もうやらない。じゃなくて


できなかった。けど明日はやる!


そう思えたことが とても素敵なことだと思う。




できない。とそこで 


止まってしまったら 


なにも変わらない。



でもやり続けた先には


きっと できる未来が待っている。


その瞬間は 明日かもしれない。



ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame