つかむ

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


今回は 商工会さんに はいったおかげで


確定申告 滑り込みセーフは


まぬがれそうです。

(毎年 会場の椅子を片付け始めているときに持って行く)

この季節に咲く


なんともあまーい 香りの


蝋梅。

今年も 顔を見せてくれた。


植物は


おかれた場所で


ただ 淡々と


その生命の 限りを尽くす。


さぁ


今日の 子どもたちも


どんな 生命の つかいかたを


するんだろうか。

まずは 朝の一杯から☕。


こういう じかん


大事だよね(笑)。

おてんとさんも 本調子に☀。


「日陰は 寒いよー


 日なたは あったかいよー。」


誰かが言った。


身体で 感じる 季節。


あおれを味わえる こころがあるって


すてきなことだなぁ。

今日は 少し風があり


雲の流れが 速い。


それを見ながら


Hちゃんが なにやら言っている。


「お空は ブルー!」


こまめでは さらっと


英語が でちゃうんですねー


すてきですねー(笑)。


「白い雲は?」


「white!」


発音よろしーですがな。


こまめは 国際社会で 活躍する人材


育てます(笑)。

元気に出発したはずだけど


途中 最年少の Hくんが


何度も転んで


へたってしまう。


それを じっと 見ていた人物が・・・

Sくんだ。


「おーーい!」


後ろを 振り返り


Hくんを 呼んでくれている。


その声が届いたのか


やっとこさ 自分で立てたHくん。

そのがんばりを 迎え入れようとしているのか


自分が ついててあげなきゃ 


と思ったのか


すっと 手を出し つなごうとした Sくん。


ちょちょっ


泣いちゃいますー ずんずん( ;∀;)。


こまめに来るたびに


大声で泣き叫び


ザックを背負って


何度も 帰ろうとしたSくん。


もう 迷いのない顔になっていた。


さらには

帽子をもって うろうろしている。


よく見ると Hくんの帽子。


それを Hくんのザックに


そっと置いていたのだった。


またしても ダ――――( ;∀;)。


Hくんのだと伝えると


それをもって 渡すのかと思いきや

かぶせるーーーー( ;∀;)。


いちいち 涙ぐむ うっとうしい ずんずんね


そうね。


そういう 心根のやさしさを


本来もっていて


環境や 人に


慣れ始めた 今


それが 出せるようになってきたんだね。


それだけ 安心して


自分を さらけ出せる場所


になった


と 思っていいでしょうか😊。

困っている人あらば

とんでいって(方言か💦)


助けてあげ

手を差し伸べ

声をかけ

みんなで お互いを


守り合う。


そうやって


よいエネルギーが 回って行く。

歩いていると


右手に ひやっとした感触。


Sくんの 手だった。


すっと


あたしの手を にぎってくれた


その 手に


強く宿る


エネルギーを 感じた。


そして


信じて つかんでくれた


その手。


これから どんなものを


つかんでいくんだろう。

つかめるものに


限界はない。


限界は 


自分が 決める。


限界を


決めないのも


自分。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

渡し合う