検索

ともに

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教員の ずんずんです😊。


「あつもり」(あつまれ、どうぶつの森)というのが 流行っているそうです。


歴史上の人物のことかと 思いました。

(たいらの あつもり とか いそう)

暑い・・・。


GWに ぴったりな陽気ですなぁ。

今日は 助っ人が ひとり。


高3のKくん。


小2,6年のときに 受け持った子。


こんなに 大きくなって( ;∀;)。


でも 中身は当時のまま(笑)。


すぐに 同じにおいを感じて


打ち解ける こまめたち。

うれしすぎて 脱走するも


Aくんが こっちだよと 追いかけ


手をにぎろうとする。


が 全力で抵抗を受け


逆に 負けそうな事態に(笑)。


やさしいAくんは


女子に 本気の力を


出してないだけなのさっ。


ね♡。

出発のとき


いつの間にか Kくんと しっかり 手を握るHくん。


気を許していい相手が


わかるのね✨。


子どもは 


ただ 「感ずる」のみ😊。

「安心のおける存在」を


知っているんだね✨。

子どもたち同士もまた


「助ける側」「助けられる側」になって

「安心できる」「頼れる」存在へと


変わっていく。

今日も たけのこ発見✨。


大事に抱える ふたり。


皮を むきむきするのも


早くなってきた気がする(笑)。


そして むいた皮は

集めて お山へ返す。


自ら行動を 起こせるのは


それが 散らばっていたら


どんな気持ちになるか


その場所が どんな状態になるかを


想像できるから。

「ねー 早く行こうよ!!」


早く遊びたい


という わくわくした気持ちがでてきた Iくん。


今までは


「ママのところへ 行こう」の「行く」だった。


今日は 「みんなで早く 遊びに行こう。」


の 「行く」になっていた。


すてきな変化だけど


みんなはまだ たけのこに 夢中みたい。


「Iのこと みんなは いつも待ってくれてたよ。」


それだけ言うと


「うん。待つよ。」


と すぐ答えた Iくん。


理解できてるから 


自分の意見を 押し通すことはしなかった。


そこにも Iくんの


一歩を感じた。

みどりが 気持ちいい~(*´▽`*)

手をつなげば


そこは いつでも 安心な 場所。

沢に着き


あおちゃんが ザックを開けると


お花が入っていたそう。


不思議に思っていると


Iくんが さわやかな笑顔で 


「喜ぶと思ってさー✨」


だってぇぇぇぇ♡


こっそり 忍ばせておいた お花。


そういえば・・・

大事に 自分のザックにしまっていたけど


あおちゃんへの サプライズプレゼントだったんだね!


喜ぶ顔が 見たかったんだね😊。


これは 惚れてまうやろーの やつですな。


でもさー


みんなさー


なんで ずんずんには しかのうんちなの??


なんで かっぱのフードかぶったら


パラパラって


うんち降ってくるの??


なんで?なんで??(笑)


うんちの数だけ 愛されている


と 解釈しておきます。

あらん♡


ここでも 愛され光景が✨。


身の寄せ方・・・


恋人やな(笑)。

ザラザラザラザラ・・・(笑)

「待ってぇぇ おともだちぃぃ。」


Mちゃんが 呼ぶ。


「Hくんて 名前だよ。」と言うと


親しみを込めて 「Hくーん!!」


なかまが ひとりずつ 増えていくね。

目線と こころを合わせて


ぎゅっ♡。

靴下に 大事な石をいれて


サンタさんからの 贈り物だそう。

小学生からの 感覚が衰えていないKくんが


手長エビを 採取しに。


すぐさま 群がる子どもたち。


やっぱり なんでも 貪欲に遊ぶ人が


子どもたちは 大好きだ。

沢ガニ、モクズガニ

手長エビ


剥き出た プリっとした身が おいしそうだぞ!

あっという間に


いろんな生き物(死骸)を 捕まえるKくん。

子どもたちも


興味津々。

見る(観察する)こと・触ること・嗅ぐこと


聴くこと・味わうこと。


すべてが 自然の中で 学べるね😊。

学ぶときには


だれかが いっしょにいてくれると


とっても 心強い。


いちばんは もちろん 家族。


そして


あたしたちが こまめ応援団として


第2の家族になれたらと 思う。


みんなの 一歩 一歩の あゆみを見て


本気で 泣いちゃうし


こころから うれしいしさぁ😊。


だから


これからも


となりで 見せてね


みんなの あゆみを。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame