top of page

はざま

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。





先日の卒こまめ式で26人が羽ばたいていき、


今日から新しいスタート!




散歩している顔馴染みの方々。


変わらない自然が出迎えてくれる安心感。


お散歩をしている方々が、「おお、久しぶりだね。」「寂しかったよ〜。」と声をかけてくださるのが、すごくあったかい。


戻ってきたよ、愛鷹!!






変わったことといえば、


今日は3人の新しい仲間がこまめに入隊してくれたこと。






おやこまめではニコニコ遊んでいたけれど、


なんだか今日は違う、そんなことを悟って不安に押しつぶされそうな表情。


ママだってドッキドキだろう。




涙、涙、涙の朝だったね。





朝からニコニコ、シートを広げてお弁当を出す余裕っぷりのKくんも、こう見えて今日デビュー。




新しい環境にどう入っていくのかは、いろいろな形や表現の仕方がある、ということを改めて感じる。


どれがいいとか、悪いとか、そういうわけではなくて、


それぞれのペースややり方があるから、


それを大事に大事にね。無理しなくていいからね。





自分より年下の子がいると、


お兄さん、お姉さんの顔になるというのは本当で・・・。




Kくんが出したシートは、TくんとDくんが「僕がやるよ!」の言い合いをしながら、しまうのをお手伝いしてくれた。




泣いているNちゃんの手をぎゅっと握って、心配そうに見つめるYくん。


言葉は発していなくても、もうこの表情を見るだけで相手への想いが分かるよ。




初めてきた子だから、というわけではなく、


ただ、目の前のお友達が泣いているから、困っているから心配する。


そんな純粋な相手を想う気持ちに溢れているこまめの先輩たち。







ひとしきり想いを出し切ると、


朝泣いてた子たちも、目が外に向き始めるタイミングがやってくる。



「自分で、自分で。(歩く)」と言って、歩き始めたCちゃんに、




前を行くみんなが見えた瞬間に、繋いでいた手をぱっと離して歩き出したNちゃん。



目の前の友達やものを「知りたい」と思う気持ちがあれば、





「やってみたい」と思う気持ちがあれば、




周りもそれに応えようとしてくれるのだよね。







自分も遊びたいけれど,放っておくこともできない。



助けてあげたいけど、どうしよう。



そんな想いや気持ちの「はざま」にいる子たち。





ここから抜け出したとき、大きく大きく成長していくのだろう。



「はざま」の時期も大事な時間。




終わりと始まり

出会いと別れ

ドキドキとワクワク

蕾と花

寒さと暖かさ


春って「はざま」の時期だなぁって思った今日。


焦らず、「はざま」の時期を堪能しちゃおう!






今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page