検索

見守る

こんばんは。「子どもたちの自信に繋がる一歩を全力でサポートします!」あおちゃんです✨


「かぐや姫ってどこから生まれてきたのかな?」と言う質問に、

「西松屋。」と答えたKくん(笑)

竹からではなかったんですね(笑)驚きと爆笑に包まれました。



落ち葉が舞い落ちる瞬間。


リュックをおろし、落ち葉遊びをし始める子どもたち。


KくんはMくんに落ち葉をかける。なんだかKくんとっても楽しそう。


Aくんは「あおちゃん、座って~!」と言いながら、

たくさんの落ち葉を持って、ニヤニヤしながらわたしのほうへ近付いてくる(笑)


すっかり意気投合した2人♡

何を話しているのかな~~!



本日も自然の恵みをいただく子どもたち。


いぬびわ大好きAくん、目がすごくキラキラしている!


そこに散歩中のおじさまと遭遇。


するとKくんは手に持っているいぬびわを、「おじいちゃん、はい、どうぞ。」と言って、

おじさまに渡したのだ。



するとそのおじさまは、わたしたちが届かない

高いところになっているいぬびわを、たくさん採ってみんなにプレゼントしてくれた。


みんな黙々と食べている(笑)


Kくんから始まった優しさが、おじさまへ、そしておじさまから

みんなの所に渡った瞬間だった。




さぁ!本日も行きますよー!

こまめ階段!

おしりが隠れてしまうぐらい、大きいリュックを背負っているMちゃん。

自分で考えて、階段ではなく、あえて斜面を選びゆっくり、ゆっくりおりる。

泣き言一つ言わずに。

その後ろ姿はとてもたくましい。



Hくんは手を使いながら、ゆっくりおりる。


斜面をおりる子、手を使っておりる子、

一段、一段おしりをつけておりる子、スラスラおりる子、、

ここではみんな体と頭をフルに使って、自分に合ったやり方で、

一段、一段、前に進んでいく。


Aくんが持ってきてくれた、ペットボトルシャワー大活躍!

仲良くそれを使って、遊ぶRちゃんとMちゃん。



キャップだって遊び道具になっちゃうんですよ~!


えっ!?どうしても後ろの光景が気になるって、、!?(笑)


ワイルドだろ~(笑)

濡れた服が気になり全て脱いでしまったHくん。

なので細心の注意をはらって見守ることに。

裸になって全力で遊びつくしたHくん。

川から出た時の顔は、とてもイキイキしていた!



お弁当前のお着換えタイム。

「できない、手伝って」と、まだ何もしていない状態で助けを求めるNちゃん。


Nちゃんは「来て。」、「持ってきて。」、「渡してきて。」と

自分は動かず、相手に動いてもらうようにお願いすることがある。


今はお願いしたらやってくれる優しい人たちが、

周りにいるから困ることはないかもしれない。


しかしできることを、代わりにすべてやってしまったら、

その子はそこで、成長がとまってしまうのではないだろうか。

お願いしたら、誰かがやってくれる。

自分から動かなくていい、つまり何も考えなくなってしまうから。

もちろん出来ないことを挑戦するときは、サポートをする。

しかしできることは、信じて見守ってあげる。


なので「できない。」と言うNちゃんに

「Nちゃんはできるから。できるところまでやってみて。」と

伝えると、一人でどんどん着替え始めたのだ。


一枚、一枚服を着るごとに「Nできたよ!」と嬉しそうに

教えてくれるNちゃん。


Nちゃんにはできる力がちゃんとあるのだ!


ただやってもらうのを待つのではなく、自分から動くことで、

達成感や自信にも繋がる。


手を差し伸べることも、もちろん大事なことで、とても素敵なこと。



でも時には、あなたはできるよ。と信じ見守ることも大事なことなんじゃないかな。



そしたらこんな風に自分の力で起き上がれるんだもの。


相手から来てくれるのを待つのではなく、、

自分から動くことで新たな出会いに遭遇する。



相手がやってくれるのを待つのではなく

自分からやってみることで、できることがどんどん増えていく。


大事なのは失敗してもいいから、

時間がかかってもいいから、、

まずは自分から動いてみるということ。



そしてそれをわたしたちは、「できる」と信じて、

見守ることなんじゃないかな。。


ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame