top of page

1対1

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。



今日は畑から出発ー!


朝の保護者との別れの感傷に浸る間もなく歩き出すと、自然と笑顔になっていく。


歩きながら、それぞれのペースで心を落ち着かせられるのがいい。



手にはいっぱいのサクランボ。


道中にはたくさんの楽しみがいっぱい。


どんどん外に目が向いていくよね!



カニがいたー!ともなれば、



どこどこー??と、どんどん足が進む。







始める頃にはこの通り、もう準備万端!



今日も遊ぶぞー!




と、遊びはじめてすぐYくんが浮かない表情をしている。


大事に持っていた棒が折れてしまったみたいだ。



Yくんが「直したい、これ直して。」とずっと言っているので、私は「直せなそうだなあ」ということを伝え、どうすればいいかなと投げかけていた。


更に、Kくんが「どうしようかねえ。」と、寄り添う。笑



今度は、一部始終を見ていたEちゃんが電話をかけ始めた。



「もしもし、Yくんのママ?Yくんの棒が折れちゃったからテープ持ってきてくれる?うん。はーい、失礼します。」と。お見事な伝達。笑



しばらくすると、突然顔がパッと明るくなり、ザックに棒をザックにしまったYくん。


「おうち帰ったらテープで直す。」と一言。



Eちゃんからヒントを得られたのか?笑、最後は自分で考えて次に移ることができた!すごいすごい!





しばらく遊ぶと、Aちゃんが「みんなー川でお弁当食べよう」と呼びかけ始めた。




ということで、お次はみんなで沢!


出発すると、すぐに後ろを気にして戻ったEちゃん。





EIちゃんが後ろに1人でいたことに気づいたのだ。





「ほら、あっちだよ。」と腕を引こうとすると、


びっくりしたのか、引っ張られたと勘違いしたのか、EIちゃんは泣いてしまった。




Eちゃんはそんな反応を見て、今度は手を出して「手、つなぐ?」とアクションを変えた。


そして、泣きながらもEIちゃんはその手に応じて一緒に歩き出した。



本当にEIちゃんのことを想っての行動だったんだね。


咄嗟にどうすればいいか考えられるEちゃん、すごいなあ。





子どもたちの動きを見ていると、1人1人とよくコミュニケーションをとっている。


上手く話せなくても、子どもたち同士での会話が成り立っていたりすることもよくある。





そんな自然なやり取りの時にはいつも、「相手の顔を見る」ということができているように思う。




目と目が合うと、言葉がなくても通じ合えるんだね。




集団生活の場ではあるけれど、


個との関わりから成り立っている、ということを改めて感じたなあ。





今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分の番

bottom of page