top of page

好き



「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。



朝からこれだけの真っ直ぐな目を向けられるのはすごい。


セミの声もだいぶ小さくなり始めて、どこか静かな朝の絵本タイム。



と、思ったら


今度は泣き声祭り。


ママやパパと離れた後は、気を張っているのだろう。


ふとした瞬間に思い出したり、もらい泣きしたり。




そんな大合唱メンバーに、


Sくんは「どうして泣いているの?」と優しく問う。

「どうして」と問うのは、


仲間のことが気になるから。


優しさを感じる。



みんながザックを背負って準備する中、ザックを背負えないRちゃんがいた。


いや、背負おうとしないと言った方が正しいのか。ほんの少し手伝って貰えば、Rちゃんは自分でできる。でも、一度泣いてしまうと、自分でもなかなか戻ってこられない。

どうしたいのか


誰かに手伝ってもらおうか


私たちはRちゃんに尋ねるけれど、なかなかその足は動かない。


少し離れて様子を見ることにした。



すると、CちゃんがまずRちゃんのザックを近くに寄せた。


それだけでグッとくる。






でもそれだけではない。


Cちゃんは、Rちゃんを励ますように大きな葉っぱを一枚そっと渡した。


でも、受け取ってもらえない。


その葉を地面に置くと、またもう一枚、また別の一枚と、違う葉を探すCちゃん。


それを繰り返すうちに、ついにRちゃんはその葉を受け取った。しっかりと握りしめていた。



受け取ってもらえると、CちゃんはRちゃんのザックにしまってあげる。


自分のザックの物の出し入れでも、うまくできなくて泣いてしまうことのあるCちゃんとは思えぬ、キリッとした表情で向き合っている。


「この葉っぱを持っていれば、大丈夫だよ」そんなCちゃんの想いが詰まっているような気がした。


Rちゃんの涙もいつの間には消え、Cちゃんのすることををずっと見ていた。



ざっと書いたが、Cちゃんは20分近くもRちゃんに向き合い続けたのだった。


私もずんずんも、息を凝らしてこのドラマを見守った。涙が出そうだった。





この間、他の子たちはどうしていたのかというと


みんな待っていた。


だから私たちはこのドラマを一緒に見守ることができたのだ。

かなり長い時間。


遊び始めてもおかしくはないだろうに、「待ってる」と言ったAちゃんを筆頭にみんなで座っていたのだ。


みんなが揃わないと、どこかスッキリ遊べないのだろう。


全員がRちゃんたちを待っていたんだ。



私はこんなにも長い間、向き合えるだろうか。


どんな気持ちがあれば向き合えるのだろうか。




後で、ずんずんがCちゃんに「どうしてRちゃんを助けてくれたのか」と聞くと、


するとCちゃんは「だって好きだから。」と答えたのだそうだ。


なんという愛。








お昼ご飯の時、RちゃんはCちゃんの隣を選んだ。


そして、「Cちゃん」と呼んで、朝もらった葉を返したのだった。


「もう大丈夫だよ」と言うように。




Rちゃんが揃った後のみんなの遊びのパワーはすごかった。


全員がやりたいことに夢中になっていた。



移動は常に走るくらいに、


やりたいことに溢れていて、ものすごい集中力。




Cちゃんの「好きだから」という発言のように、


自分や他人を動かす原動力って、意外とシンプルなのかもしれない。



「好き」は、ものすごいエネルギーになる♡


「好き」「嫌い」とか「やりたい」「やりたくない」みたいに


無駄なこと考えずシンプルに、思うがままに行動してみることって


できているかなあ。



また一つ子どもたちが教えてくれた。



今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page