top of page

結束

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。




焚き火を囲んでみんなで談笑している。


これがまさか全員2、3歳児だとは思えないだろう。笑



話している内容はというと・・・


「Dくんまだかなあ。」「Dくん遅いねえ。」と、Dくんの話で持ち切りだった。



Kくんが誰かと電話していたので聞いてみると、


「Dにいつ来るか聞いてたの。もうすぐ来るって言ってた。」だそう。笑



Dくんは用事があって遅刻予定だと、朝の会で伝えると、みんながそれを覚えていてDくんが来るのを心待ちにしていたのだ。





Dくんの遅刻に加えて、今日は最年長のTくんも不在の日だ。


いつもはTくんがやってくれる焚き火の番を、今日はSくんやYくんが行っていた。



前回、トングを片手に動かなかったSくんも、今日は積極的に動く。


振り返りでも、「焚き火に葉っぱを入れたのが楽しかった。」と言っていたくらいだ。




今日は自分たちがやらないと!と思ったのだろうか、いつもはあまり見ない光景が焚き火周辺で広がっていた。



一人で折れなそうにしていると、「2人の力でできるよ!」と、自然に助け舟が渡る。





焚き火の終わりかけだったけれど、Mちゃんはトングを持って火に近づいた。


「Mちゃん、トングでできたよ。」と自分から教えてくれたのだった。







そうこうしているうちに、お待ちかねの・・・・



「Dが来た!!」とKUくん。



「待ってたよー。やったー!!」と飛び跳ねて喜ぶKMくん。




こまめのアイドルDくんの登場に、一同列を成す。


出待ちをして待ち焦がれたファンたちよ。笑



どこまでもついて行く。




「Dどこに行ってたの?遅かったじゃ。」と大人のような口調で話しかけるSくん。



「今日のお休みはいないんだよ。」と、Dくんに教えてあげる子もいた。


「ここは触ったらあっちっち。」と、朝の会で確認したことを、Dくんに伝えたのはIちゃんだ。



みんな、Dくんのことが大好きなんだ。


毎日こまめにきてくれているDくんだから、いないとどこか欠けているような感じが、私もする。


みんな、Dくんが来たことでどこか安心しているように見えたなあ。




2歳で親元を離れて、こんな寒空の下で野に放たれて笑、


こまめに入ったばかりの時はどんなに過酷なことだろうか、と想像することがあるけれど、


ここにはその大変さを乗り越えた仲間がいる。



こまめの子たちの仲間を想う気持ち、結束力はすごいぞ!!





今日も素敵な時間をありがとう。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

表情

Comments


bottom of page