top of page

こんばんは。


「観察する」を大事に。


元特別支援学校教員、スタッフのはなです。




こまめ夏休み?!どこかのプールにお出かけ?!

そうです。、ここは雨水が溜まった日の限定スポット「雨プール」✨


弾ける2人の笑顔が最高!!



それにしても、みんな自由すぎやしませんか。笑


いろいろなポージングがありますな。



真っ先に頭まで浸かったのはKくん。


雨プールの特攻隊長に任命します!



それを見たSくんも実践。


大胆に見えて実は浅瀬で寝転ぶ慎重さ。



Dくんがここまで浸かるのを初めて見た!というくらいに、


2歳児に負けないくらいにプールと一体化。


Sちゃんも、みんなのまねをしたいけれど、すぐに上がれるプールの端でまずはお試し。

雨プールではしゃぐと一言で言っても、個性が出て面白い。




雨プールの前は、こんな大きな水溜りで遊んでいた。


大きな水溜りが目の前に見えると、ほとんどんど子は吸い込まれるようにそちらに向かった。




でも、大きな水溜りの手前で


「水溜り見つけたー!」と言って、小さな水溜りで走り出したのがCちゃん。



「みんな大きな水溜りで遊びたいはず」と思っていた自分に気づいた。


CちゃんにはCちゃんのペースや考えがあるのだよね。




大きな水溜りではひとしきり遊んだものの、


なんだかみんなグテっとしていた。笑


なんだなんだみんなもっと弾けちゃえー!と正直思ったけれど、


子どもだって人間だ。疲れる時もあるし、のんびりする時だってある。


その時にやりたい遊びだって人それぞれなのだ。






この間川に遊びに行った時に、「こわいこわい」と泣く子を抱っこして無理やり川に入る光景を見た。


抱えられた子どもがもし自分だったら・・・


絶対に踏みたくない足ツボコースに、いきなり抱きかかえられて、自分の意志とは関係なく降ろされたら・・・


いやだ。絶対にいやだ。




子どもだろうが大人だろうが「ひとりの人間」。


体が小さい、無知、などの理由で子どもは大人の支配下に置かれてしまうことがある。


「もし自分だったら」と考えた時に、その行動ができるか。


常に対等に関わりたいと思う。



目の前にプールがあっても、入らないこともある。



真顔のことだってある。笑


別にずっと笑顔で遊んでいるのがいいわけではない。


子どもだから無邪気で遊ぶのが良い


というのは大人の評価。



子どもたちにはその子なりの意思や考えがあり、


子どもたちの世界が成り立っている。



「子どもたちに任せる」


「ひとりの人として向き合う」


って、奥が深いなあと改めて思った今日。




今日も素敵な時間をありがとう。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page