検索

おやこまめ🍃

今日は 月に1回の 「おやこまめ」の日。


予想気温は30度越え💦


おてんとさんが照りつける 芝生広場には


数分もいられない。


今日は 水遊びに レッツゴー!!

見て!


これが 1歳の足どり😊。


でも 母曰く 


お兄ちゃんといると どうしても赤ちゃん扱いしていて


手や口をだしてしまっていた、


こんなにも できるなんて✨。


と 感動、感心されていた。


確かに 子どもたちは 自分でできる「能力」をもっている。


かわいそう、できないだろうし


などなど 言っていると


子どもが 自分で培おうとしている力を


知らぬうちに 奪うことになってしまう。

Tちゃんが 途中ないてしまったっときも


Mちゃん 同じく1歳が わざわざ 戻ってきて


気にかけてくれた。


1歳だって わたしたちと何ら変わらない。


困っている人がいたら


「どうしたのかな?何かできることないかな?」って


自然に思うもの。

弟よ~ 見てろよ~


あんちゃん がんばんかんなぁ~!!


って 弟 見てないけど(笑)、


兄Yくんの この真剣なまなざしから


想いがあふれてくる。


子どもたちは 心に 顔に 身体に 正直だ😊。

階段では 毎回 なかなかの ドラマをたずさえて いざ 入水(笑)。


笑顔はじける最年少、10か月のMくん。

とにかく 「かに!かに!かに!」


かにを求めて 三千里。


こんなに大勢来たら かにも恥ずかしくて隠れてるかな??

釣り竿垂らして・・・


何が つかまったかな!?

家族みんなで 顔を突っ込んで 観察!!


みんなが 同じところへ向く瞬間。


心もきっと 同じように 動いてる😊。

「かに!かに!かに!」と探していたAくんの兄 Kくんも


かにをめがけて まっしぐら!


目の前には かにをごっそりとっている


外国人の おねーさんが!


かっこつけて かにって英語でなんて言うのさ、ハハァン?


と英語で聞いてみたら


「あ、かにです。」と


ふつーに 流ちょうな日本語で返され


恥ずかしくなる 笑。

忍者のように走れるのね。


スタタタタっ!

脱走兵 確保です!!(笑)


いつの間に 上ったんだ、この高さのある橋に・・・。


ここから抜けて そしてここから 沢へ降りて行ったツワモノ、Iちゃんよ。


次期こまめで お待ちしとりますがな。

戻るときに シートをたたんでると


みんながお手伝いしてくれた。


ぱっと寄って来てくれて うれしいなぁ。


なんか ひらひらしたもん 好きだよね、子どもって😊。

帰り道も がんばって 自力で歩いた。


泣けちゃうね、


そんな姿見ると あたしまで泣けちゃうよ。

ぐっすり寝ちゃうほど やり切ったのね。


慣れない環境だと


この蒸し暑さ、階段を一人で上ったり下りたりすること、


とにかく遊びきるということ。


すべてにおいて 「今までやったことない」が


いっぱいありすぎて 疲れちゃうんだね💦。


でも 続けていくと


体力つくから。


気力もついちゃうんだから!


仲間と助け合うことだって できちゃうんだから!

そんな 自分にチャレンジさせてみたい お子さん 受け入れてます😊。


おやこまめでは とくに


親御さん自身が


子どもさんに対しての ご自分を見つめる場所として


来ていただけたらなぁと思います。


思いっきり 遊んで 笑って 食べて


そんな一日を 仲間と過ごしませんか。


次回おやこまめは 8月23日(金)です。


お問い合わせは こちらまで↓。



ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame