検索

チャレンジ

こんばんは。


「子どもたちの自信に繋がる一歩を


全力でサポートします!」


あおちゃんです✨



おやおや、泣いているのはだぁれ?


すると心配して、


YIくんのところへ


来てくれたこどもたち。


大切な、大切な、仲間だから。


一人だけ置いていくことはできないよね。



元気がなさそうなお友達がいたら、


「どうしたの?」と気にかけてくれるSくん。


ほんとうに心配してくれてるのが


Sくんの表情からも伝わってくる。


困っているお友達がいたら、


お手伝いしてくれたり、


みんなの優しさに、朝から触れて


とってもほっこり♡




今日の子どもたちのブームは


ずばり「イチョウ🍂」


みんな無我夢中で拾っている。


たくさん集めて 黄色い花束を作ったり、



「バラのアイスください☺」と


アイス屋さんをしたり。



ちなみこれはバラのアイス、


トッピングにシカのうんちです(笑)

さぁ、召し上がれ~!(笑)



まるでプレーリードッグ!?


10秒後


もう一度シャッターを、押してみる。


全く2人とも変わらず(笑)


違いを探すほうが難しいです(笑)




「わぁぁぁ!きれいなオレンジ~!」


その心がすてき✨


見上げるときれいな紅葉が。



そして地面にはイチョウで


できた黄色い絨毯🍂



ふかふかの絨毯の上に寝転がるSくん。


気持ちよさそうだなぁ~。



転がってみたり、


登ってみたり、



おしり滑りしてみたり。



ここでは、お花屋さんの


お仕事をしているんだって。


先輩Nちゃんが、Hくんや 


Sくんにいろいろ


教えてくれてるみたい♡







お花屋さんの仕事を終え、


木遊びを楽しむAちゃん。



これぐらい簡単に持てるわ♡


すごい!Rちゃん力持ち~!



いろんな木を使った、


演奏会も始まりましたよ♪



木登りを始めたYIくん。


しかしなかなか登れず、


「あおちゃん、Yくんを持ち上げて。」


とお願いされた。


持ち上げることは、もちろん簡単だ。


でも、すぐに持ち上げてもらって、


上まで行けたとしたら??


きっとYくんは、そこで考えることを


やめてしまうんじゃないかな。


そして登ってないからこそ、


おりかたも分からず、おりる際には「おろして。」


とまたお願いされるだろう。



考えて、自分で乗り越える


力をつけてほしい。


そこで


「一人で登るには、どうしたら登れるかな?」と


問いかけてみると、


YIくんは


ジャンプして、登ろうとしてみたり、


「ここは、木の皮がむけるの。


だからむけないここを


持つことにしたの。」と


どこに手を置いたらいいのか、真剣に考えていた。



今度は突然枝を持ってきて、


それを地面にさしはじめる。



実は以前に、木登りををしたとき、


木に枝を立てかけて、それを踏み台にし、


登れたことがあった。


もしかしたら、YIくんはその時のことを


思い出したのかもしれない。


しかし細い枝だったので、とても不安定。



そこで「細い枝だと、すぐに折れてしまうね。


どんな枝だったら折れないかな?」と


伝えると、新しい枝を探して、再チャレンジ!


するとついに木登り成功!


とても満足そうで、


誇らしげな顔をしていた♡


どうしたら登れるかな?この問いに


ジャンプしてみる。


手の位置を変えてみる。


枝を使って踏み台を作る。


細い枝ではなくて、太い枝を使ってみる。と


たくさん考えて、実践してみたYIくん。


この経験が、またいつかの挑戦の糧になる。


だからこそ、すぐに人に頼るのではなく、


まずは自分でやってみることが


大事なんだね。



もしかしたら出来ないと思って、


諦めて、すぐに頼っていたことも、


やってみたら、案外できるかもしれない。


小さなことでも自分でできたら


嬉しいよね。


その積み重ねが、大きな自信へと変わっていくから。


みんなもなにか、


チャレンジしてみない?♡

ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame