検索

気付き

こんばんは。「子どもたちの自信に繋がる一歩を全力でサポートします!」あおちゃんです✨


「うんとこしょ、どっこいしょ!まだまだカブは抜けません。」


「おおきなカブ」のワンシーンです(笑)


みんなで力を合わせたらカブは抜けるかな~!?😊



お母さんと離れるとき、寂しくて、


なかなか離れられなかったこどもたち。


なかには泣いて、駐車場へと行こうとするこどももいた。


そんなこどもたちが手を振って「バイバーーイ!」と



自分からお母さんと離れられるようになったのだ☺



みんなたくましくなりました( ;∀;)


さぁ!今日はお山で何をしようか!!


っておーーーーーい!Hちゃーーーん!


寝てるやないかーい(笑)


でもなんだかとっても気持ちよさそう♡


こんな姿を見ていると、慌ただしくて過ごしていた自分に、


「あわてない、あわてない、一休み、一休み」とでも言われてるみたいだった。


たまにはこんな風に一度立ち止まり、一休みしてみてもいいかもね。


その後「おはよう!」と言ったHちゃんの顔はとても爽やかだった。




10月に入っても、まだまだ川に入りますよー!(笑)


夏が終わったら、水遊びも終わりというわけではないんです😊


さかなつりをしたり、


袋いっぱいに泥を入れたり、




たまには上も見てみる。目線の先には「大きな雲」



「雲が動いているね!」


「どうして動いているのかな?」


「葉っぱも動いているね!」 


「風がぴゅーとふいて動いているのかな~!?」


自然の中には「なんで?」「どうして?」がいっぱい!



袋に水をいれて遊んでいたAくん。



それを見ていたHちゃん。袋が欲しくなって、いきなり持って行ってしまった。


Aくんは突然の出来事にあっけにとられた顔をしていたので、


「それでよかったの?自分の本当の気持ちを相手に伝えないと、このまま変わらないよ。」


と言うと、すぐに大きな声で


「使ってもいいけど、あとで返してね。」と言ったのだ!


今までは思っていても、なかなか自分の気持ちを言えず、


本当の気持ちを心の奥底に隠してしまっていたAくんが、、


今日はちゃんと伝えれることができたのだ!!すごいよ!


そんな彼の変化に嬉しくなりました。


ほんとの気持ちはHちゃんにちゃんと伝わり、


使い終わると、、「これAの、どうぞ」とAくんにしっかり袋を返していた。





ブログを書きながら、自分は果たして、それができているかな。ふと思い返してみる。


「ありがとう。」「ごめんね。」「わたしはこんな風に思っているんだ。」


ちゃんと伝えられているかな?


「言わなくても分かってくれるだろう。」


そんなことはないんだよね。


むしろ伝えないと、ほんとの気持ちは相手には伝わらない。


伝えることはとても勇気がいること。


でも一生懸命伝えたら、ちゃんと相手に伝わるし、、


自分も心がスッキリする。


Aくんも自分の気持ちを伝えたことで、とてもスッキリしているようだった✨


わたしはAくんから、伝えることの大切さ、勇気をもらったよ。



沢から出る前にお洗濯。

靴下もちゃんとしぼって


靴底は汚れてないかな~??



脱いだ洋服も一人でたためるんだよ!




みんな準備はできたかな~!?待ちに待ったお弁当タイーーム♡



大きいオニギリをぱくっ!



食べ終わると子どもたちは、また遊び始める!元気いっぱいだ!


塀の上を歩いてみたり、



「トントントーン」家を作ったり、、



農夫さんは黙々と畑仕事をしております(笑)



あらあら、こちらではお友達とハグ♡


あらあら、こちらではお友達の肩にそっと手をまわして


絵本を聞いている♡



見ててとってもほっこりする光景。



ここはこどもたちが学ぶ場所だが


でもわたしたち大人が子どもたちからたくさん


学ばせてもらっている場所でもあるのだ。


いつの間にか忘れてしまった、とても大切なこと


いつも気付かせてくれて、ありがとう。


たくさんの学びをありがとう☺



ロゴ 透明.png
facebookページ
  • 里山保育こまめのfacebookページ
連絡先​

090-2314-8181​

静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame