検索

変わりたい

こんばんは。


子どもたちの 「自分でやろうとする意欲・力」を引き出す


元小学校教師の ずんずんです😊。


たとえて言うなら(突然なんだ)


ふわふわの フリルな袖じゃなく


いつでも 腕まくりできる


タイトな袖を選びます。(実用性重視)


ずんずんは そんな感じです。

秋晴れ。


さくらのトンネルは 


緑のトンネルになり


たくさんの葉を落とし


影を つくる。

そんなすてきな 四季を感じながら


今日も こまめはゆく。

「まつぼっくりぃぃ~!」


見上げた空には


ごろごろ 大きな まつぼっくり。


そんなまぶしい横顔を 見るのが好き。


そんなおだやかな朝に


心中 おだやかでないことも起こる。


「隣の芝生は青い」あるある(笑)。


なんだか 人のものって


よく見えちゃうんだな。


子どもたちは 決まって


友だちのもっているものを さらう(笑)。


今日はそこへ


あたしたちスタッフではなく


小さな 救世主 登場。

相手の方に手をそっと置き


話をしたり 聞いてあげたりしている。


それまでキャンキャン言っていた男子たちは


救世主の目をじっと見ている。


こちらから見ても


「聴いている」ということがわかる。


「聴く」には 「心」がはいっている。


ありがとう、Uちゃん。

その後も Kくんが置きっぱなしのザックを


届けてくれるという 女神ぶり。


「っっったく もー!!」とか言わないあたりが 女神。

その後 Mちゃんが あたしのところへ来て


「Hくんに Mが拾ったどんぐりとられちゃったの。」と報告。


そう、これは報告であり 相談ではない。


だから そうかぁと聞く。


でもやはり 何か言いたげなので


「どうしたの?」と聞くと


「どんぐりほしいの。」と言う。


「そしたら 伝えてきたら?」だけ こたえた。


Mちゃんは 


「でもHくんも どんぐりほしかったからとっちゃったのかもしれない。」


と言うので


「そうかもしれないね。じゃぁ Mはどんぐりあげたらいいよね。」


「・・・。」


「Mは どんぐりほしいの?」


「うん。」


子どもたちの ことばの裏側に


相手をかばっているようで


実は 自分で 言わなければならないことから


逃げている


という 気持ちをみることができる。


もちろん 本人たちは 無意識だ。


でも そこを 


「あなたは」どうしたいのか、


そこを 掘り出すようにしている。


Mちゃんの 本音は


「自分が拾ったどんぐりを 取り返したい。」


いたって シンプル。

Hくんへの ことばかけも


後ろからだったので


ちゃんと向き合って お話しするように促し


ふたりで話してもらう。


Mちゃんは きちんと自分の気持ちを伝えられて 


とてもすばらしかった。


そして さらに


「Hくんは 言いたいことある?」と


自分が言いっぱなしではなく


ちゃんと 相手への敬意ももっている。


本当に 感心する。


相手がいることで 起きることだから


「相手に対して」


と考えがちだが 実は


「自分に対して」の問題であることが多い。


「自分」をもっと 見つめなきゃ✨


がんばろっ!

お??今度は Iくん?どした??


聞けば さっきと同様


誰かに どんぐりとられ(どんぐり事件多いな笑)


泣いているという。


とられたままでいいのか聞くと


やだというので


相手に伝えることが


両者にとって とっても必要なことだと話した。


「伝えれば 変わるよ。伝えなければ 変わらないよ。


Iは どうする?」と聞くと


「・・・変わりたい。」


号泣寸前の ずんずん( ;∀;)。


4歳でも 


「今の自分じゃだめ。変わりたい!!」と


思う気持ちがあるのかと思ったら


人生に対して


なんて 前向きに生きてるんだ!と


感動してしまった。


後ろについてるから いっしょに行ってみようか、と


背中を押すと 小さくうなずいた。


そして 誰に伝えるのか聞くと


「わかんない。」と言って


ガクッ!となる オチつきの


感動ストーリー(笑)。

それを 取り戻すべく?(笑)


なんと その後のIくんの 行動に


今までとは違う変化が!


最年少のIちゃんに 手を差し出し

まるで 王子様✨。


ひとり遊びが多かったIくんは


今日は たくさんの友だちと


コミュニケーションしていた。


「変わりたい」と言っていた Iくん。


「変わって」きてるよ!


きっと 大丈夫!

お山の バイオリン弾き。


昨日も Wちゃんやってたなぁ。


教養高いなぁ。


それとも しずかちゃんの バイオリンからはいったか?(笑)


そこらへんの 小枝は


あっという間に すてきな 楽器に返信✨。

図形も 勉強しております。


「ちっち(おしっこ)」する 便器だそうな(笑)。

急坂は


身体を 倒せば うまくおりられるのでござい😊。


身体で 学ぶ。

昭和な風景(笑)。

愛は 盲目なので


帽子で見えなくなっても


「あなたを 感じるわ♡」


休憩①

休憩②(人の足の上で・・・)

Iちゃんが 「ありがとう」をいうとき


Uちゃんに届いてなかったので


顔を見て 言いなぁ~と促すと


Uちゃんの方が


しゃがんで Iちゃんの目線に合わせてくれていた。


泣いてまうやろー😢。


年齢関係なく


相手と同じ目線で 遊べる、言いあえる関係


とっても すてきだね✨。

今度は Iちゃん。


Rちゃんが 靴を放り出してしまったので


取りに行って


しかも 履かせてあげるという!!


何度 あたしを泣かせるんですかい!!


みんな 「変わって」きているよ😊

帰るときの あいさつ。


輪になるときに Rちゃんが 手をつなぎたくないと


断固拒否をしていた。


今まで 枝を差し伸べて つかんだり


誰かが間にすっと入ってきてくれたり


なんやかんやで 解決してきた。


今日はというと。


なんと また新アイデアが!!


Hくんが


「じゃぁ 身体をひっつければいいんじゃない??」と。


「ほーーーー!!」と


思わず あおちゃんと顔を見合う。


すごいなー


そんなアイデア


あたしには 微塵も浮かばなかったよ!!


そっか、身体を密着させれば


穴が ふさがるもんね。


本当に 恐れ入りました。


こまめのみなさん これからも


よろしくお願いします。


共に いい方向へ


「変わって」いこう!!


ロゴ 透明.png
facebookページ
連絡先

 

​Tel : ​090-2314-8181​

  • 里山保育こまめのfacebookページ
静岡県沼津市

​© satoyamahoiku komame